Google Analytics 4でYouTube計測をする方法

GA4ではデフォルトでYouTube計測が可能

今までのGoogle Analytics(UA版)では、GTMを使用して設定をする必要があったYouTubeの動画の計測ですが、Google Analytics 4(GA4)にはデフォルトでこの機能が備わっています。

この機能を使用するには、管理画面で「動画エンゲージメント」を有効にする必要があります。

JavaScript API サポートが有効になっている埋め込み動画では、次のイベントが記録されます。

イベント

video_start 動画の再生が開始されたとき
video_progress 動画が再生時間の 10%、25%、50%、75% 以降まで進んだとき
video_complete 動画の再生が終了したとき

付与されるパラメータは以下の通りです。

video_title 動画タイトル
video_url 動画の設置先URL
video_percent 再生時間の割合
マイルストーン方式の0%, 10%, 25%, 50%, 75%, 100% 固定になります。
video_current_time 動画再生時間(秒)
video_percent の割合に基づいた秒数になります。
video_duration 動画全体の時間(秒)
video_provider 動画のソース(「youtube」など)
visible 埋め込み動画がユーザーに表示される場合は「true」というテキストが表示されます。

Google Analytics 公式ヘルプ:

拡張計測機能にある「動画エンゲージメント」を有効にする方法

  1. プロパティ > データストリームをクリック
How to measure YouTube with Google Analytics 4 (1)
  1. 対象のウェブストリームを選択
  1. 拡張計測機能の歯車アイコンをクリック
How to measure YouTube with Google Analytics 4 (2)
  1. 動画エンゲージメントを有効化
How to measure YouTube with Google Analytics 4 (3)

YouTubeでのJavaScript API サポートが有効になっているか確認する

設置しているYouTube動画のパラメータ「enablejsapi」が 1 になっていることを確認します。

<設定例>

				
					<iframe width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/XXXXX-ZZ?enablejsapi=1" frameborder="0"></iframe>
				
			

参考:YouTube IFrame Player API リファレンス

https://developers.google.com/youtube/player_parameters#enablejsapi

GA4でYouTube動画用カスタムディメンションを作成する

上記の設定が完了したら、レポート作成するために、「設定 >> カスタム定義 >> カスタム ディメンションの作成」をクリックしカスタムディメンションを作成します。

カスタムディメンション作成例

How to measure YouTube with Google Analytics 4 (4)
How to measure YouTube with Google Analytics 4 (5)

レポートを作成する

GA4にはデフォルトでYouTube動画を計測するレポートがありませんので、「探索」からレポートを作成する必要があります。

探索レポート例

How to measure YouTube with Google Analytics 4 (6)

まとめ

今回は、GA4のデフォルト機能でYouTube動画を計測する方法を紹介しました。

近年では動画によるプロモーションが欠かせないものとなっています。

ユーザーがどのくらい動画を視聴して、マーケティングに有効だったかレポートすることは大変重要となっています。是非、活用していただければと思います。

Implement DigitalではGoogle Analyticsの導入・実装・運用を支援するサービスを提供しています。

ご興味がありましたらお問い合わせください