GA4のeコマース機能の実装方法

今回はGA4のeコーマス機能の実装方法について紹介します。 GA4のeコマース機能ではDataLayerのフォーマットがUAとは異なりますので注意が必要です。これまでUAでeコーマスを実装されているケースでGA4に移行する際の参考になればと思います。 なお今回の記事ではGTM(Google Tag Manger)を利用することを前提としています。 はじめに まずGA4のeコマース機能は、標準で下記のようなイベントが定義されています。 イベント名 用途 view_item_list カテゴリーページが表示されたとき select_item カテゴリーページで商品が選択されたとき view_item 商品ページが表示されたとき add_to_cart 商品がカートに追加されたとき remove_from_cart 商品がカートから削除されたとき begin_checkout 購入手続きを開始したとき purchase 商品を購入したとき refund 払い戻しが行われたとき view_promotion リストからプロモーションが表示されたとき select_promotion リストからプロモーションが選択されたとき 参照:Google アナリティクス 4 イベント どのイベントを実装すべきかはサイトの仕様によって異なってくるかと思いますが、基本的な実装方法としては変わりません。 今回はこれらのうちview_item、add_to_cart、purchaseについて紹介していきます。 1. DataLayerの実装 計測対象のページにeコマース用のDataLayerを実装します。 DataLayerはGTMタグより上部に実装する必要がありますので注意してください。 view_itemイベント 実装するページ:商品ページ パラメーターの例: パラメーター名 必須 説明 ecommerce.item.item_name ○ 商品名 ecommerce.item.item_id ○ 商品コード ecommerce.item.item_item_brand ☓ ブランド ecommerce.item.item_item_category…

Google Analytics 4でYouTube計測をする方法

GA4ではデフォルトでYouTube計測が可能 今までのGoogle Analytics(UA版)では、GTMを使用して設定をする必要があったYouTubeの動画の計測ですが、Google Analytics 4(GA4)にはデフォルトでこの機能が備わっています。 この機能を使用するには、管理画面で「動画エンゲージメント」を有効にする必要があります。 JavaScript API サポートが有効になっている埋め込み動画では、次のイベントが記録されます。 イベント video_start 動画の再生が開始されたとき video_progress 動画が再生時間の 10%、25%、50%、75% 以降まで進んだとき video_complete 動画の再生が終了したとき 付与されるパラメータは以下の通りです。 video_title 動画タイトル video_url 動画の設置先URL video_percent 再生時間の割合 マイルストーン方式の0%, 10%, 25%, 50%, 75%, 100% 固定になります。 video_current_time 動画再生時間(秒) video_percent の割合に基づいた秒数になります。 video_duration 動画全体の時間(秒) video_provider 動画のソース(「youtube」など) visible 埋め込み動画がユーザーに表示される場合は「true」というテキストが表示されます。 Google Analytics 公式ヘルプ: https://support.google.com/analytics/answer/9216061?hl=ja https://support.google.com/analytics/answer/9143382#video&zippy=%2C動画 拡張計測機能にある「動画エンゲージメント」を有効にする方法 プロパティ > データストリームをクリック 対象のウェブストリームを選択 拡張計測機能の歯車アイコンをクリック 動画エンゲージメントを有効化 YouTubeでのJavaScript…

GA4のデフォルトチャネルグループについて

GA4のデフォルトチャネルグループ チャネルグループは、訪問者のトラフィックソースをルールに基づいてグループ化したものです。デフォルトチャネルグループには、ダイレクト、有料検索、オーガニック検索、リファラル、メール、ディスプレイ、ソーシャル、アフィリエイト、などが含まれます。 GA4のレポートでは、Paid SearchやDirectなど、最も一般的なトラフィックソースをグループ化したデフォルトチャネルグループに従って、データを整理して確認することができます。これにより、各トラフィックチャネルのパフォーマンスを素早く確認することができます。 チャネルグループの定義 次の表は、デフォルトチャネルグループに含まれる各チャネルのGoogleによる定義を示したものです。これらのチャンネル定義は大文字と小文字を区別するため、UTMパラメータを使用して手動でURLにタグ付けする場合は、小文字を使用するとセッションが正しく分類され、競合が少なくなる可能性が高くなります。またこれまでのユニバーサルアナリティクスにはなくGA4で追加されたチャネルグループは「GA4で追加」列に○をつけました。 ※2022年11月時点での内容となっています。 チャンネル 定義 GA4で追加 Direct Sourceがdirect かつ Mediumが(not set)または(none) Cross-network Campaignに「cross-network」が含まれる Cross-network includes Performance Max and Smart Shopping. ○ Paid Shopping Sourceがショッピング サイトのリストに一致 または Campaignが以下の正規表現に一致 ^(.(([^a-df-z]|^)shop|shopping).)$) かつ Mediumが以下の正規表現に一致 ^(.cp.|ppc|paid.*)$ ○ Paid Search Sourceが検索サイトのリストに一致 かつ Mediumが以下の正規表現に一致 ^(.cp.|ppc|paid.*)$ Paid Social Sourceがソーシャル サイトのリストに一致 かつ Mediumが以下の正規表現に一致 ^(.cp.|ppc|paid.*)$ ○ Paid Video Sourceが動画サイトのリストに一致 かつ Mediumが以下の正規表現に一致…

GA4における参照トラフィック(Refferal)と参照元除外リスト設定方法について

GA4の流入チャネルである参照トラフィック(Refferal)は、第三者のドメインのリンクなど、別のサイトからあなたのウェブサイトに流入した場合のトラフィックで、直接訪問(Direct)、オーガニック検索(Organic Search)、有料検索(Paid Search)のトラフィックは含まれません。今回はGA4における参照トラフィックデータの確認方法と参照元除外リストの設定方法についてご紹介します。 GA4標準レポートでの参照トラフィックデータの確認方法 GA4では、レポート > 集客 > トラフィック獲得に移動して、参照トラフィック(Referral)を確認することができます。 自己参照の自動除外機能とは? GA4には自己参照の自動除外機能が実装されています。 自己参照とは、自身のドメインが参照元となることを言いますが、以下の2つの要件を満たす場合、参照元から除外され、参照トラフィック(Refferal)として計測されません。 参照元のドメインが現在のページのドメインまたはサブドメインと一致している。 参照元のドメインがクロスドメイン測定を設定したドメインと一致している。 これがGA4での自己参照の自動除外機能になります。 参照元除外リストの設定方法 除外する参照元を設定する場合は、以下の手順で行ってください。 まず、関連するプロパティの編集権限が必要です。 GA4に移動し、管理をクリックし、プロパティのデータストリームに移動します。 ウェブをクリックしてから、不要な参照を設定するウェブデータストリームをクリックします。 ウェブデータストリームをクリックした後、下にスクロールして、タグ設定を行うをクリックします。 すべて表示をクリックすると、以下のように除外する参照のリストが表示されます。 以下の条件のいずれかに合致する条件を設定するためのオーバーレイが表示されます。 マッチタイプを選択します。 ドメインの下に除外したいドメイン名を入力します。 別のドメインを追加するには、条件を追加をクリックします。 これで参照元除外リストに不要な参照元を追加することに成功しました。 参照元除外の仕組について 除外する参照元を設定すると、トラフィックに影響を与えることがあります。Google Analyticsは、参照元に依存する方法でセッションをカウントします。つまり、特定のドメインからのトラフィックを除外すると、そのドメインからページにアクセスしたユーザーは、新しいセッションを開始できなくなります。 例えば参照元除外リストにbbb.comが設定されているとします。 訪問者がSNSの投稿をクリックし、あなたのaaa.comに流入すると、新しいセッションが開始されます。その後、訪問者は参照元除外リストに設定されているあなたの別のサイトbbb.comに遷移し、再度aaa.comに戻ってきたとします。 この場合bbb.comが参照元除外リストに含まれているため、bbb.comからの2回目の流入は1セッションのみカウントされます。除外リスト設定していなければ、2セッションになったはずです。 まとめ 今回はGA4における参照トラフィック(Refferal)と参照元除外リスト設定方法について紹介しました。参考になりましたら嬉しく思います。 Implement DigitalではGoogle Analyticsの導入・実装・運用支援サービスを提供しています。ご興味がありましたらお問い合わせください。

Google Tag Managerデータレイヤー変数の更新・リセットについて

はじめに SPAサイトでGTMのカスタム変数がありえない値になっているものがあり、調査したところオブジェクトや配列の値の更新時に注意点があることが分かりました。 データレイヤー変数とは Google Tag Manager(GTM)でカスタムのページ変数を定義する方法の1つです。 JavaScript変数などより比較的容易に設定できます。 データレイヤー変数の一般的な設定方法 dataLayer.push()関数を使用して設定します。 ※以下、データレイヤーのバージョンは2になります。  例: dataLayer.push({‘Data Layer Name’: ‘value’}). データレイヤー変数更新時の注意点 オブジェクト・配列を変更する場合、子要素の値はクリアされずに保持されたままになるため、値のクリアを先に実行する必要があります。 // data1の設定 dataLayer.push({ data1: { a: ‘value1’, b: ‘value2’ } }); 上記の設定後にdata1.b を使用せずに、data1.aとdata1.cを使用したい時に、下記のように設定し直した場合、 // data1の更新 dataLayer.push({ data1: { a: ‘value3’, c: ‘value4’ } }); data1の値は、 { a: ‘value3’, b: ‘value2’ , c: ‘value4’ } となり、data1.aの値は上書きされますが、data1.bの値は保持されたままになります。 オブジェクトの一部だけ更新したい場合は重宝しますが、全体を更新したい場合は値のクリアを行う必要があります。 // data1の更新の前にクリア処理を入れる…

Google Analytics 4でクッキーの設定を変更する

2022年7月28日のアップデートでGoogle Analytics 4(GA4)でクッキーの設定を変更することができるようになりました。クッキーの設定は頻繁に変更するものではありませんが、変更方法をご紹介したいと思います。 クッキーのデフォルトの設定を変更する この機能を使用するには、権限で編集者以上であることが必須です。 まずは、編集者以上であることをご確認ください。 プロパティ列で「データストリーム」>「ウェブ」をクリックします。 ウェブサイトのデータストリームをクリックし、「Googleタグ」の「タグ設定を行う」をクリックします。 「設定」で「すべて表示」をクリックします。 「Cookieの設定をオーバーライドする」をクリックします。 「Cookieのデフォルト設定をオーバーライドする」チェックボックスをオンにします。 「Cookieの有効期限」で、クッキーの期限が切れるまでの期間(即時から25か月まで)を選択します。 「Cookieの更新」で、「サイトへの最新の訪問に基づいてCookieの有効期限を設定します」または「サイトへの最初の訪問に基づいてCookieの有効期限を設定します」を選択します。 「保存」をクリックします。 最後に 今回は、クッキーの設定方法について説明しました。  GA4はアップデートが続いておりますので、ぜひアップデート情報もチェックして貰えればと思います。  GA4新機能 https://support.google.com/analytics/answer/9164320?hl=ja Implement DigitalではGA4の導入・実装・運用を支援するサービスを提供しています。 ご興味がありましたらお問い合わせください。

Google Analytics 4におけるライフサイクル・コレクションの理解

Google Analytics 4のレポートとは Google Analytics 4(GA4)は、データ収集に先進的なアプローチを採用し、マーケティングのよりよい意思決定やインサイトを得るための強力なトラフィック分析ツールです。GA4のレポートでは、高度な機械学習を活用し、デジタルマーケティング担当者やウェブサイト所有者が視覚的なダッシュボードやレポートで簡単に理解し、シングルユーザー向けのストーリーを作成することができるようになりました。GA4のレポートには、見やすいダッシュボード、あらかじめ作成されたレポート、カスタムレポートが含まれており、最も気になるデータを確認・検討することができます。 GA4のプロパティには、ウェブサイトやアプリのデータを分析するのに役立つ定義済みのレポートが含まれています。各アナリティクスプロパティは、レポートのスナップショットレポート、リアルタイムレポート、およびコレクションとトピックのセットで構成されています。コレクションとトピックには、デフォルトで提供する定義済みレポートのグループ化が含まれています。 GA4標準レポートとは GA4の標準レポートは、左のナビゲーションパネルの「レポート」で見ることができる、あらかじめ組み込まれたレポートです。これらのレポートは、シンプルかつ効果的なサマリーカードでデータを表示し、ユーザートレンドやウェブサイトのデータを素早く簡単に発見するために使用できます。 GA4標準レポートは、以下の3種類のコレクションに分類することができます。 ライフサイクル:獲得からリテンションまでの顧客のユーザージャーニーの各段階(獲得、エンゲージメント、マネタイズ、リテンション)におけるユーザーの活動を分解するのに役立ちます。 ユーザー:年齢、興味、デバイス、バージョンなど、ウェブサイトやアプリのユーザーを理解するのに役立ちます。これらは、ウェブサイトを訪れるユーザーのタイプに関するインサイトを得るために活用できます。 アプリデベロッパー:接続されたアプリを持つ場合にのみ適用されます。つまり、Google Analyticsのプロパティとモバイルアプリを接続すると、このコレクションは接続したアプリの情報を提供します。 ライフサイクルコレクション GA4ライフサイクルコレクションは、4種類のレポートで構成されるGA4標準レポートのデフォルトコレクションの1つです。ライフサイクルレポートのデータは、ウェブサイトを利用する顧客のストーリーを教えてくれます。これにより、顧客のユーザージャーニーの各段階でのユーザー活動を分解し、獲得から維持までのユーザー活動についてさらに深く理解することができます。このコレクションには、デフォルトで次の4つのレポートが含まれています。 獲得レポートは基本的に、新規ユーザーとリピーターがどこから来ているのかを示します。獲得レポートは、トラフィックの発生源(例:Google、Yahoo!、Bing)、ユーザーがサイトやアプリに到達する方法(例:オーガニック、CPC、メール)、トラフィックを誘導するために使用したマーケティング活動(例:キャンペーン、広告フォーマット、キーワード)についての情報を提供します。これらの獲得レポートは、GA4が提供するデータの中で最も価値のあるものの1つです。ユーザーがどのようにウェブサイトにたどり着いたかを理解することで、次回よりよいマーケティングキャンペーンを作成したり、現在の状況や取り組みをより良く理解することができます。 エンゲージメントレポートでは、ユーザーが引き起こしたイベントやコンバージョン、訪問したウェブページやアプリ画面に基づいて、ユーザーのエンゲージメントを測定することができます。このレポートにより、ユーザーエンゲージメントが最も高いページや画面を確認したり、イベントによるユーザー行動を把握することができます。つまり、ユーザーが引き起こすイベントやコンバージョン、訪問したウェブページやアプリ画面に基づいて、ウェブサイト訪問者がどのようにウェブサイトと関わっているかを測定することができるのです。 収益化レポートは、eコマースやアプリ内課金のような収益ベースのイベントを追跡するウェブサイトのためのデータを表示します。収益化レポートは4種類のレポートで構成されています。収益化の概要、eコマース購入数、アプリ内購入数、パブリッシャー広告です。つまり、ウェブサイトやアプリがアイテム、広告、サブスクリプションからどれだけの収益を生み出しているかを確認することができるのです。また、このレポートでは、販売する各アイテムを閲覧するお客様の数や、アプリに表示される広告インプレッション数など、何が収益を生むのかについてのデータを確認することができます。全体的な概要として、収益化の下にあるレポートでは、収益源に関する情報と、どれだけの売上を付与しているかを確認することができます。 維持率レポートは、ユーザーが初めてウェブサイトやモバイルアプリにアクセスした後、どれくらいの頻度でどれくらいの時間エンゲージしているかを把握するのに役立ちます。これは、あなたのウェブサイトへの最初の訪問の後に彼らのアクティビティから生成された追加の行動に基づいて、あなたの貴重なユーザーを理解するのに役立ちますので、全てのセットの訪問者の間であなたの貴重なウェブサイトのユーザーを決定することができます。ユーザーがウェブサイトやアプリに関与する時間について見ることができます。つまり、あなたのウェブサイトへの最初の訪問の後、毎日戻ってくるユーザーの割合が表示されます。 まとめ GA4は、デジタルデータであるウェブサイトやモバイルアプリのデータを収集し、表示するための強化されたアプローチを提供します。GA4は、デジタルマーケティング担当者が見やすく、またはデジタルアナリストがウェブサイトの訪問者や行動を分析するために、ウェブサイトのデータを強調する分かりやすいダッシュボードと事前に定義されたレポートでレポートインターフェイスを簡素化しました。GA4で収集したユーザーの行動、獲得データ、ウェブサイトでのエンゲージメント、マネタイズ、リテンションなどのデータに基づいてビジネスを強化できるように、マーケティング活動を決定するための重要なサポートとなる、最も関心のあるデータを表示および分析できるようにします。GA4でトラッキングすることで、デジタル製品やウェブサイトのパフォーマンスを簡単にモニタリングすることができます。 Implement DigitalではGoogle Analytics 4(GA4)移行支援サービスを提供しています。ご興味がありましたらお問い合わせください。

UTMパラメータを使用したUAおよびGA4でのカスタムキャンペーンのトラッキング

Google Analyticsのキャンペーンとトラフィックソースとは アナリティクスでは、キャンペーンとトラフィックソースは、ユーザーをウェブサイトに誘導する広告キャンペーン、自然検索、ソーシャルメディア、その他のソースを組み合わせた名称です。これらの全体的な効果に関するデータを収集し、利用する誘導先URLにキャンペーンパラメーターを追加することで、どこで最も成功したかを知ることができます。ウェブサイトのトラフィックのパフォーマンスをより明確に理解するために、キャンペーントラッキングは必要不可欠な要素の1つです。 カスタムキャンペーンの作成方法 広告キャンペーンのデータを把握するためには、UTMパラメーターを使用し、URLにパラメーターを追加する必要があります。ちなみにUTMはUrchin Tracking Moduleの略です。 広告URLのカスタムキャンペーンパラメーターは簡単に生成することができます。URLの作成には、手動またはURLジェネレータを使用する2つのオプションがありますが、手動でカスタムキャンペーンURLを作成すると、間違いを犯す可能性があります。そこで、URLジェネレーターを使用するのがよいでしょう。ウェブサイト、Google Playストア、Apple App StoreのURLは、それぞれ少し異なります。正しいURLジェネレーターを使用するようにしましょう。 知っておきたいURLジェネレーターはこの3つです。 Google AnalyticsキャンペーンURLビルダー:ウェブサイトのURLを生成します。 Google Play URLビルダー:Google Playストア上のアプリへのURLを生成します。 iOSキャンペーントラッキングURLビルダー:Apple App Store上のアプリへのURLを生成します。 今回は、Google AnalyticsキャンペーンURLビルダーをご案内します。このツールを使用すると、URLにキャンペーンパラメーターを追加して、Google Analyticsでカスタムキャンペーンのトラッキングを測定することができます。 キャンペーンパラメーターを設置する際には、アスタリスク(*)の付いたフィールド、この場合はウェブサイトのURL、キャンペーンソース、キャンペーンメディアを全て埋める必要があります。 注意点としては、各パラメーターは、お客様が提供する値と対になっている必要があります。そして、各パラメーターと値のペアには、キャンペーンに関する情報を含める必要があります。それでは、各パラメーターの簡単な説明を見てみましょう。 utm _id:広告キャンペーンIDを指定 utm_source:検索エンジンやメルマガ名など、トラフィックをもたらす特定のソースを指定 utm_medium:広告またはマーケティング媒体を指定 utm_campaign:特定の販売、製品プロモーションや戦略的キャンペーン、インフルエンサーのIDやキャッチフレーズを指定 utm_term:有料キーワードやキーフレーズを指定 utm_content:キャンペーン内の異なる広告を識別し、同じ広告内の類似したコンテンツ、またはリンクを区別するために使用されます。 UAとGA4でキャンペーンレポートを見る方法 ユニバーサルアナリティクスのキャンペーンレポート Google Analyticsの獲得レポートは、人々がどのように私たちのウェブサイトを見つけているのかを示しています。リンクにタグを付け、キャンペーンを開始したら、結果に注目する必要があります。このとき、Google Analyticsにアクセスしてみましょう。Google Analyticsの獲得レポートでは、訪問者がどのように私たちのウェブサイトを見つけているかを明らかになります。リンクにタグを付け、キャンペーンを開始した後は、その成果をモニターすることが必須です。この時点で、Google Analyticsにアクセスすることができます。 左のメニューバーで、「集客」>「キャンペーン」をクリックします。 UTMで採用している様々なマーケティング施策の名称を掲載しています。 このキャンペーンレポートは、カスタムキャンペーンだけでなく、Google AnalyticsにトラッキングされているGoogle広告のキャンペーンも含めて、全ての異なるキャンペーンを表示します。あるキャンペーンが他のキャンペーンよりもコンバージョン率が高いことが分かります。これにより、どのキャンペーンが有効であったかを分析し、今後の計画を立て、全てのキャンペーンが可能な限りうまくいくようにすることができます。 GA4のキャンペーンレポート GA4では、キャンペーンレポートは「ライフサイクル>集客」メニューで見ることができます。キャンペーンレポートを見ることができる場所は3つあります。 ライフサイクル>集客>概要 ライフサイクル>集客>ユーザー獲得 ライフサイクル>集客>トラフィック獲得 この中でトラフィック獲得に関するレポートの見方について説明します。 このレポートではデフォルトは「セッションのデフォルトチャネルグループ」が表示されますがこれを「セッションのキャンペーン」にすることでキャンペーンのデータを確認することができます。次に、プラス記号をクリックしてセカンダリーディメンションを追加し、より具体的なデータをドリルダウンすることができます。 まとめ 本記事では、UTMパラメーター付きURLを用いて、Google Analyticsで広告キャンペーンをトラッキングする方法の概要を解説しました。キャンペーンを簡単にトラッキングする方法がお分かりいただけたかと思います。キャンペーンデータをトラッキングすることで、戦略の調整や次のマーケティング施策の修正、さらには成果を上げているキャンペーンに予算を再配分することも可能です。 Implement…

Google Analytics4の集客レポート

今回はGA4の集客レポートについて紹介します。 レポート表示方法 集客レポートは、ライフサイクルの「レポート」>「集客」をクリックすることで表示されます。 「集客」の下に、以下のレポートがあります。 概要 ユーザー獲得 トラフィック取得 集客サマリー 集客サマリーでは、オーガニック検索、ソーシャルネットワーク、ウェブサイトの参照元など、トラフィックがどこから来たのかをより理解するための獲得データを表示します。広告プラットフォーム(Google広告など)と統合すると、プラットフォーム固有のサマリーカードが追加され、特定のマーケティング活動の効果を評価できるようになります。またGoogle広告と連携している場合、Google広告キャンペーンのセッションデータを表示することができます。 ユーザー獲得 ユーザー獲得では、クロスチャネルのラストクリックアトリビューションモデルに基づいて、ユーザーが最初に獲得されたメディア、参照元またはキャンペーンを調べます。 ユーザースコープのディメンションを使用して、新規ユーザーがどこから来ているかを確認できます。 これらのディメンションには接頭辞「ユーザーの最初の」が常に表示されます (これは、新規ユーザーに対するデータであること示します)。 このためユーザーが再度別のチャネルからウェブサイトやアプリに戻っても、対象ユーザーに割り当てられる値は変わりません。 トラフィック獲得 トラフィック獲得では、ユーザーではなく、そのセッションの獲得チャネルを調べます。 各ディメンション「セッションの参照元/メディア」などは、ユーザーが新しいセッションを開始するときにどこから来たかを設定します。ユーザー獲得の「最初のユーザーの参照元/メディア」とは異なり、「セッションの参照元/メディア」は、ユーザーがウェブサイトまたはアプリを訪問するたびに変化します。 集客レポートだけではありませんが、GA4のレポートでは、標準のレポートビューで特定のデータを抽出するために、セカンダリーディメンションを追加することができます。また、検索を使ってデータをフィルタリングすることも可能です。 補足 2022年7月11日、Google Analyticsは、UTMパラメーターのutm_contentとutm_termが利用可能になったことを発表しました。 こららのデータは、探索レポート、標準レポート、オーディエンスビルダーで見ることができます。 また、これら 2 つのパラメーターには、ユーザースコープとセッションスコープのディメンションがあります。 ユーザースコープでのディメンション名は次の通りです。 ユーザーの最初の手動広告コンテンツ ユーザーの最初の手動キーワード セッションスコープでのディメンション名は次の通りです。 セッションの手動キーワード セッションの手動広告コンテンツ Implement DigitalではGoogle Analyticsの導入・実装・運用を支援するサービスを提供しています。 ご興味がありましたらお問い合わせください。

GA4から追加される新しい参照元について

Google Analytics4(GA4)の切り替えまであと1年を切りました。そろそろGA4を使い始めた方も多いのではないでしょうか。 色々と変わったGA4ですが、参照元(流入元)について、従来のUA版の参照元とGA4では少しだけ変更点があるのをご存知でしょうか。そこで今回GA4で変更のあった参照元について、解説したいと思います。 GA4のディメンション:参照元/メディアの数々 GA4で設定されている参照元がいくつあるのか・・・探索レポートから、ディメンションの選択画面より「参照元」で検索をかけてみましょう。 そうすると、これだけの数の参照元に関わるディメンションが出てきます。 GA4には、参照元に限らず3つの異なるタッチポイントがあります。 ・ユーザースコープのディメンション(最初のユーザーの参照元/メディア) ・セッションスコープのディメンション(セッションの参照元/メディア) ・イベントスコープ(アトリビューション)のディメンション(参照元/メディア)   この3つの異なるタッチポイント別に参照元のディメンションがありますので、それぞれを理解しておく必要があります。 ここでは、その3つに絞って説明して行きたいと思います。 最初のユーザーの参照元/メディア 『最初のユーザーの参照元/メディア』は、新規ユーザーの初回訪問時の参照元/メディアを計測します。『最初のユーザーの参照元/メディア』は、ユーザーが繰り返しサイトを訪問しても、この項目については変わることはありません。 最初のユーザーの参照元/メディア レポート例 ※レポート>集客>ユーザー獲得 レポート(Google Analytics Demo Accountより) セッションの参照元/メディア 『セッションの参照元/メディア』は、ユーザーの新規・リピーターに関わらず、新規セッションの参照元/メディアを計測します。 UA版を使っていた方は、「セッションの参照元/メディアはUA版と変わらないのでは?」と思う方もいるかも知れません。 たしかにUA版では、セッションが切れるタイミングの1つが参照元が変わるときと定義されているため、「毎回新規セッションの参照元になるのでは?」思うかもしれません。   ここでGA4のセッションの切れるタイミングについて、確認してみましょう。 こちらの公式ヘルプ(https://support.google.com/analytics/answer/9191807)に書いてありますように「デフォルトでは、30 分間操作がなければセッションはタイムアウトのため終了します。」のみとなります。UA版で切れていた「参照元の情報が変わるとき」「日付が変わったとき」は、GA4ではセッションが切れなくなりました。 例えば、SNSで流入し、離脱してすぐにGoogle広告から流入、またすぐに離脱してYahoo広告から流入・・・なんて目まぐるしく出入りした(30分以内に操作が行われた)場合も、1セッションとなり、セッションの参照元/メディアはSNSからの流入としてカウントされます。   セッションの参照元 レポート例 ※レポート>集客>トラフィック獲得 レポート(Google Analytics Demo Accountより) 参照元/メディア 最後にイベントスコープでの『参照元/メディア』についてですが、イベント(コンバージョン)が行われた場合計測されるものになります。 この説明だけだとこれもまたUA版と変わりがないように感じますが、GA4ではアトリビューションモデルによって計測が変わってきます。 まずはモデル比較レポートを見てみましょう。   参照元/メディア レポート例 ※アトリビューション>モデル比較 レポート(Google Analytics Demo Accountより) 赤枠で囲ってあるアトリビューションモデルに注目してください。 イベントスコープの参照元/メディアは、アトリビューションモデルによって計測ポイントが変わってきます。この場合は、左側がラストクリック、右側がデータドリブンになります。 今回は、アトリビューションモデルの詳細については割愛しますが、このようにイベントスコープでの参照元/メディアはアトリビューションによって変わってきますので、どのアトリビューションモデルで、その場合の計測ポイントがどこか・・・という点を理解した上でレポートを出す必要があります。 まとめ…