GA4の自由形式レポートの紹介

今回はGA4の探索機能のひとつである自由形式レポートについて紹介します。

ユニバーサルアナリティクスでは、「カスタマイズ」→「カスタムレポート」でカスタムレポートを作成することができますが、GA4では、カスタムレポートは「探索」という名前に変更されました。

Screen Shot 2022 06 15 at 18.23.34

探索レポートには以下のテンプレートがあります。

  • 自由形式
  • ファネルエクスプロレーション
  • パス探索
  • セグメントオーバーラップ
  • ユーザーエクスプローラー
  • コーホートエクスプロレーション

自由形式レポートの概要

自由形式とは、探査レポートの一つで以下のことが可能です。

  • データを表やグラフで表現する
  • 行や列を自由に配置できる
  • 複数の指標を並べて比較する
  • カスタムセグメントやフィルターを適用して、データを絞り込む

設定オプションの説明

GA4プロパティに移動し、「探索」メニューをクリックし、自由形式のテンプレートを選択します。

free form template

自由形式のインターフェイスには、変数、タブ設定、自由形式の3つのカラムがあります。

Screen Shot 2022 06 16 at 14.56.57

変数列には、日付範囲、セグメント、ディメンション、メトリクスが含まれます。また、インターフェイスの左上でレポート名を変更することができます。

タブ設定欄では、変数欄からディメンションとメトリクスをドラッグ&ドロップすることでレポートを制御できます。また、仮想化タイプ(表、ドーナツチャート、ラインチャート、散布図、棒グラフ、ジオマップ)を選択することができます。

セグメント比較では、変数列のセグメントセクションに既に含まれている4つのセグメントを追加することができます。

Screen Shot 2022 06 16 at 16.05.11

「行」セクションで、テーブルの行として使用するディメンションを含める必要があります。 テーブルの列としてディメンションを使用する場合は、「列」セクションで追加する必要があります。

レポートの「値」セクションに、列として表示するメトリクスを配置できます。

フィルターを使用してデータを絞り込むことができます。

自由形式のサンプルレポートを作成する

自由形式でランディングページレポートを作成してみましょう。

ステップ1:GA4のプロパティに移動し、「探索」をクリックします。

ステップ2:自由形式のテンプレートを選択します。

ステップ3:レポートに名前を付けます。

Screen Shot 2022 06 27 at 00.25.59

ステップ4:ディメンションとして「ページの参照URL」と「イベント名」、指標として「イベント数」と「利用ユーザー」を選択します。

Screen Shot 2022 06 27 at 00.42.10

ステップ5:行に「ページパス」、値に「イベント数」と「利用ユーザー」を適用します。

Screen Shot 2022 06 27 at 00.36.19
Screen Shot 2022 06 27 at 00.36.24

ステップ6:レポートにフィルターを適用します。フィルター:イベント名がsession_startと完全に一致する。

Screen Shot 2022 06 27 at 00.41.16

ステップ7:その後、以下のようなランディングページのレポートが表示されます。

Screen Shot 2022 06 27 at 00.43.56

自由形式レポートの共有とダウンロード方法

レポートから無料で共有するには、右上の欄にある共有アイコンをクリックしてください。

Screen Shot 2022 06 27 at 00.48.44

「共有」をクリックします。

Screen Shot 2022 06 27 at 00.50.49

右上のダウンロードボタンをクリックすると、報告書をダウンロードできます。

Screen Shot 2022 06 27 at 00.52.37

ダウンロード形式は、Googleスプレッドシート、TSV、CSV、PDF、PDF(すべてのタブ)から選択できます。

Screen Shot 2022 06 27 at 00.52.45

今回はGA4の自由形式レポートについてご紹介しました。参考になりましたら嬉しく思います。

Implement DigitalではGoogle Analyticsの導入・実装・運用を支援するサービスを提供しています。

ご興味がありましたらお問い合わせください