Google Tag ManagerとGoogle Analytics 4によるクリック数のトラッキング

Google Analyticsは、ウェブサイトでのユーザー行動を計測するための優れたツールです。Google Analytics 4も同様です。 マーケティング担当者は、常にデータを分析し、マーケティングのパフォーマンスを向上させる方法を考え出すことを求められています。中でもクリックトラッキングは、ウェブサイトやアプリ、あるいはメールなど、いつどこでクリックされたかを一元的に計測・分析できる優れたアナリティクス機能の1つです。

本記事では、Google Tag ManagerとGoogle Analytics 4によるクリックトラッキングの設定方法について紹介していきます。

クリックの種類

クリックトラッキングを計測し、ユーザーの行動を十分に理解することはとても重要です。Google AnalyticsとGoogle Analytics 4の両方で使用されるクリックトラッキングの共通点は以下の通りです。

  • ボタンクリック(「お問い合わせ」ボタンなど)
  • 離脱リンクのクリック(第三者サイトへの外部リンクのクリック)
  • お問い合わせリンクのクリック(メールアドレスや電話番号のクリック)
  • ファイルダウンロード(PDFなどファイルをダウンロードするリンクのクリック)

GA4による自動クリックトラッキング

GA4ではGoogle Tag Manager(GTM)の追加設定を行わなくても、拡張計測機能を利用して外部リンクをトラッキングできますが、内部リンクのクリックを計測するにはGTMの設定が必要です。GA4で自動的にクリックをトラッキングするには、強化された計測を利用するオプションがあります。この機能は、ページビュー数、スクロール率、離脱クリック、サイト内検索、動画エンゲージメント、ファイルダウンロードを含むアクティビティーを自動的に計測するものです。

 

管理画面に移動し、GA4の関連プロパティの下にある「データストリーム」をクリックしてください。そして、データストリームを選択します。

Screen Shot 2022 07 11 at 09.16.54

関連するデータストリームを選択すると、「拡張計測機能」というセクションが表示されます。

Screen Shot 2022 07 11 at 09.21.13

例えば離脱クリックの計測機能は、デフォルトでオンになっていますが、これを無効にしたり、実際に機能しているかどうかを確認したい場合は、画面右下隅にある歯車アイコンをクリックします。またこのアイコンから必要に応じてこれらの計測を無効にすることができます。

GA4でのカスタムクリックトラッキング

GA4の拡張計測機能で計測できないクリックをトラッキングしたい場合は、Google Tag Managerの使用は検討すべき最良の選択肢です。Google Tag Managerが提供する様々な組み込み変数により、タグの設定がよりシンプルになります。

Google Tag Managerの左メニューで「変数」をクリックします。次に「組み込み変数」が表示されますので「設定」をクリックします。「クリック」の下にある変数を全てチェックする必要があります。

Screen Shot 2022 07 11 at 09.27.00

次にリンククリックのトリガーを作成します。

  • 左メニューの「トリガー」を選択します。
  • 「新規」をクリックし、トリガーの種類を「リンクのみ」にします。
Screen Shot 2022 07 11 at 09.33.04

「すべてのリンククリック」を選択すると、Google Tag Managerで全てのリンククリック機能が有効になることが確認できます

Screen Shot 2022 07 11 at 09.36.14

その後、自分のウェブサイトにあるリンクをどれでもいいのでクリックしてください。 プレビューモードを起動すると、リンククリックイベントに気付くはずです。プレビューモードの、最初のLink Clickイベントをクリックして、Variablesタブを選択します。ウェブサイト上のどのリンククリックに対しても、リンククリックが正しく動作していることが確認できます。

Screen Shot 2022 07 07 at 15.58.48

また、例えばClick URLというリンククリック変数の1つを使用して、特定のリンクのクリックを正確に追跡することができます。

 

  • 前のトリガー設定を変更するか、新しいトリガーを作成します。
  • 「一部のリンククリック」を選択します。
  • 下のドロップダウンリストで「Click URL」を選択します。条件は自由に定義できます。ここでは “含む”を選択します。
  • ボックスには、希望のリクエストURLを記入します。
Screen Shot 2022 07 11 at 09.49.03

トリガーを設定したら、この特定のリンクのクリックトラッキングのために新しいGA4タグを作成しましょう。

  • 左のメニューバーから「タグ」をクリックし、「新規」をクリックして新しいタグを作成します。
  • 「Googleアナリティクス:GA4イベント」を選択します。
Screen Shot 2022 07 11 at 09.54.19

イベント名をつけるかどうかは、あなた次第です。 作成したカスタムイベントのイベント名はGA4のレポートに表示されるものです。

設定が完了したら、以前作成したトリガーを選択して、”Save”をクリックします。

Screen Shot 2022 07 11 at 09.57.07

これで設定は全て完了です。設定が正しく動作していることを確認しておきましょう。

プレビューモードを起動し、トリガーで設定したリンクやボタンをクリックしてみてください。

ここでタグが発火され、カスタムクリックのクリックトラッキングが正常に動作していることが確認できます。

Screen Shot 2022 07 11 at 10.00.02

Google Analytics上でデータが表示されていることを確認するには、作業している関連するGA4プロパティをクリックします。左のメニューバーに移動し、「リアルタイム」をクリックします。 

リアルタイムレポートでイベント名が表示されていれば、データが入力され処理が正常に行われている、ということです。

Screen Shot 2022 07 11 at 10.05.26

まとめ

今回は、Google Analytics 4とGoogle Tag Managerを使用したリンクトラッキングの設定方法について紹介しました。訪問者や顧客が何を求めているのかを知りたいのであれば、クリックトラッキングは非常に重要です。GA4以前のGoogle Analyticsでは、リンククリックを自動的に検出することはできませんでした。GA4の拡張計測機能を使えば、ユーザーのインタラクションやサイトのアクティビティーを自動的に追跡することができます。その他のカスタムリンクのクリックについては、Google Tag Managerの助けを借りてGA4でリンククリックをトラッキングするのが最適な計測方法です。Google Analytics 4には他にも気になる機能が追加されていますので、ウェブサイト上の各アクションをどんどん計測して、ビジネスを改善・最適化していきましょう。

Implement DigitalではGoogle Tag Managerの導入・実装Google Analyticsの導入・実装・運用を支援するサービスを提供しています。
ご興味がありましたら
お問い合わせください。