Adobe Launchでクリックした要素の属性情報をAdobe Analyticsで計測する方法

By Htet Myat Linn

ウェブサイトの計測においてページ内の特定の要素をクリックした数、およびその属性情報を計測したいケースがあると思います。本記事ではAdobe Launchを利用してAdobe Analyticsで計測する方法を紹介していきます。

前提となる計測仕様

今回紹介する内容は以下の計測仕様を前提としています。

計測タイミング class名に「analytics」が含まれているaタグをクリックしたとき
計測データ aタグのhref属性の値
計測変数 eVar10 : href属性の値を設定
event20:クリックした数をカウント
Rule名称 Click_a_Tag

Ruleの作成

Ruleを作成しNameを指定します。ここでは「Click_a_Tag」を指定しています。

Ruleの作成

EVENTSの設定

EVENTS>AddをクリックしEvents Configurationを表示します。

EVENTSの設定

Event Typeに「Click」を指定します。

EVENTSの設定1-Click

Elements matching the CSS selectorに「a[class*=”analytics”]」を指定しています。

※これによりclass名に「analytics」が含まれているaタグをクリックしたときにRuleが発火されます。

EVENTSの設定-CSS-Selector

ACTIONSの設定

ACTIONSには以下3つのActionを追加していきます。

# Extension Action Type 説明
1 Adobe Analytics Set Variables 計測変数に値を設定します。
2 Adobe Analytics Send Beacon カスタムリンク計測を実行します。
3 Adobe Analytics​ Clear Variables 計測変数をクリアします。

ACTIONS>AddをクリックしAction Configurationを表示します。

Set Variables

このActionを追加することで計測変数に値が設定されます。

  • eVars>eVar10に「%this.href%」を指定します。
    ※これによりクリックした要素のhref属性の値を取得できます。
  • Eventsにevent20を指定します。
Set-Variables

Send Beacon

このActionを追加することで計測リクエストが送信されます。

  • Trackingはs.tl()を指定します。
  • Link Nameは「Click_a_tag」を指定しています。
Send-Beacon

Clear Beacon

このActionを追加することで設定した計測変数の値がクリアします。

Clear-Beacon-Action-Configuration

以上の手順で作成したRuleの全体像は以下の通りになります。

Clear-Beacon-Edit-Rule

まとめ

今回はAdobe Launchを利用して特定の要素をクリックした数、およびクリックした要素の属性をAdobe Analyticsで計測する方法を紹介しました。参考になりましたら嬉しく思います。 

 

Implement DigitalではAdobe Launchの導入、運用を支援するサービスを提供しています。

ご興味がありましたらお問い合わせください